学生で失敗しない賃貸物件の選び方【不動産探しのノウハウ】

住宅模型

学生の一人暮らしに最適な物件の特徴

賃貸を探す際のやはり一番の条件として、学校に通いやすいという点があげられます。環境として、学校の他に生活圏として、スーパーや、飲食店等が近いというのも人気条件となります。間取りとしては、1ルームや1Kの物件を借りる方が多いようです。広さとしては~20平方メートルがボリュームゾーンとなっています。初めて一人暮らしをするという方が多く、日中は学校やアルバイトで忙しいので家のことに手が回らないということで、管理しやすい広さの物件が人気となっているようです。一人暮らしでセキュリティー面が心配ということで、特に女性の方はオートロック付きなどの設備も重視されています。

賃貸物件契約の手順

男の人

まずは気になる物件を見学

まずは物件を探すことが第一歩となります。インターネットで物件情報を確認したり、希望エリアの不動産屋に出向いたりして、自分の希望条件に合いそうな物件を探します。気になる物件があったら、まずは内覧をお願いしましょう。実物を見ずに契約すると、失敗につながりやすいです。

物件が決まったら契約

気になる物件を実際に確認してみて、心が決まったら契約申し込みを行うことになります。契約書の無いようは、なかなか細かくて全てを把握することは難しいかもしれませんが、最低限必要と思うことは、しっかりと仲介業者に確認することが大切です。

契約が完了したら引っ越し

契約書を交わして契約が完了したら、実際に引っ越しを行い住んでいくことになります。住所変更や、入居の手続きなど様々な手続きが必要となってきます。大変ではありますが、一つずつしっかりこなしていく事が大切です。

一人暮らしが不安ならシェアハウスもおすすめ!

一人暮らしだと、風邪をひいたり体調が悪くなったりしたときに心細いという方は、シェアハウスという選択肢もあります。万が一の時に近くに人がいるというのは安心にもつながります。シェアハウスを利用する方は若い方が多く、大学生なら気の合う仲間も見つけやすいです。

初めての一人暮らしをする人から寄せられた疑問の声

インテリア

初期費用はどのくらい必要なの?

まず部屋を借りるための費用として、敷金・礼金・仲介手数料がそれぞれ家賃一ヶ月分と、前払いの家賃一か月分を合わせて家賃4ヶ月分は見ておく必要があります。その他に、引っ越しの費用として業者任せるなら同県内なら2万円程度が目安となってきます。

販売訪問の強引な勧誘とか怖いのですが・・・

慣れない一人暮らしで、強引な勧誘が来たら怖い不安に思う方も多いです。オートロックやドアフォンがある物件ですとそういう対応も楽になります。まずは誰か来たら、のぞき窓から確認し、ドアを開けて応対する場合はチェーンをかけて開くことが鉄則です。出なくても問題ないと判断した場合は、居留守を使うことも手です。

マストな家具家電を揃えよう

物件を見つけたら、初めての一人暮らしに向けていろんな準備をする必要があります。その準備は家具家電を揃えておくことです。生活がしやすいように、きちんと必要なものは揃えましょう。例えば、ベッドか布団は必需品となります。家電として優先度が高いのは、冷蔵庫・洗濯機・炊飯器・電子レンジ辺りがあげられます。冷暖房の無い物件だと、冷暖房器具も必要となります。プライバシーや、防犯上の観点からもカーテンも必須アイテムとなります。

広告募集中